審査 見られる所

審査って・・・

虫眼鏡

どんなカードローンでも、必ず審査はあります。この審査はどのようなことを確認したりしているのか知っておくと、審査に自信がない。審査で何を見られているか心配。などの問題を解決できます。また審査されるポイントをおさえておけば、審査に通りやすくなる可能性もあります。

 

審査基準は金融会社によって異なり、その会社が独自に決めています。なので2つの金融会社に同時に申し込みをしても、1つは審査が通って、1つは通らないなんてこともありえます。

審査のポイント

今までの借り入れ状況

今までに借り入れをしたことがあるのかないのか。ある場合は返済は済んでいるのか。いくら借りてどれくらいの期間で返済したのか。延滞はあったのかどうかなどを確認します。ここで延滞が3ヶ月以上あったり、現在借り入れしている金額があまりにも多かったりすると審査に落ちてしまう場合があります。

 

事故登録の有無

事故

自己破産や債務整理などの事故登録があると審査に落ちます。事故登録は5年〜7年、信用情報機関に残るのでそれらが消えるまでは基本的に審査には通らない可能性が高いと思っていたほうが良いです。事故登録されている人をブラックといったり、信用情報機関に名前が残ることをブラックリストに名前がある。などと言います。

 

現在の借入状況

現在借り入れしている金額がどれくらいあるのかも確認します。賃金法で年収の3分の1までしか借り入れができない決まりになっているので、借入残高が年収の3分の1に達していれば、審査には通ることができないです。
また、借入先が4件以上あると審査に通りにくくなります。

 

その他のポイント
年収 年収が高いほうが審査に通りやすくなります
職業、勤務先 安定した収入があるかどうか、実在する会社に務めているかどうかを確認します。
勤続年数・勤務形態 正社員で勤続年数が長いほど審査に通りやすいです。アルバイトやパートでも審査に通ることはできます。
住居・住居年数 持ち家で住宅ローンがない方が審査に通りやすいですが、賃貸でも住居年数が長いと家賃をしっかり払っていると判断されポイントが上がります。
電話 携帯電話より固定電話のほうが信頼が高いです。

まとめ

審査の基準は金融機関が独自に決めていて、それらは一般公開されていない情報なので詳しいことまでは調べることができません。しかし、上記のポイントはどの金融機関でも重要視しています。
審査が厳しいのは銀行、大手消費者金融、中堅の消費者金融です。規模の小さい消費者金融は審査が比較的ゆるく通りやすいですが、金利が高かったりヤミ金融業者の可能性もありますから、注意が必要です。