人にバレる

ブッチャケ、あります。

モヤモヤしている人

人にカードローンの利用をしていることや、申し込みしたことがバレてしまうことってあります。でも、それは自分次第でばれないようにすることもできます。

多くのサイトでは絶対にバレない方法!!なんて細かく説明していることがあると思いますが、逆にバレてしまう時のポイントやタイミングを押させてしまえば、バレないで借り入れしたり、申し込みをしたりすることができるので、バレたくないのなら、よくポイントをおさえておきましょう。

シーン別 バレる瞬間

申込時

申し込みの時に自宅で安易に申し込み用紙を記入していると、急に帰宅してきた時や申し込み用紙についてきた記入例などを捨てるときにバレてしまいます。また共用のパソコンからの申し込みでは履歴でバレてしまったり、自動契約機に出入りしているのを目撃されてしまったりと、バレてしまう可能性があります。
申し込み用紙の記入は完了後不要なものはシュレッダーに掛けて捨てたり、生ゴミを包んで捨てるために使ったりと絶対にバレないように対策しないといけません。パソコンの履歴の削除は必ず行い自動契約機は自宅や勤務先などから離れている場所を選んだりと工夫しましょう。

 

在籍確認などの電話連絡時

オペレーター

申し込みをして審査に通ると必ずと言っていいほど、在籍確認などの電話連絡があります。この時に、ほとんどの金融会社は個人名(小林など)で名乗って、電話をかけてきてくれますが、結局のところ電話の内容で誕生日などの個人情報を言わないといけないので、近くに会社の人がいると不自然に聞こえます。感のいい人ならカードローンの申し込みをしたと気が付かれてしまう可能性もあるので、クレジットカードを営業マンの友達のノルマの為に作った。など先に伝えておくと良いです。また、最近ではWEB完結なら電話連絡なしの金融会社もあります。代表的なのがモビットで、WEB完結なら電話連絡がないので絶対にバレたくない人にはおすすめできる商品です。

 

ローンカードの郵送時

ローンカードだけではなく、契約書などの書類のやりとりを郵送で行う場合、家族にバレてしまったり、一人暮らしでも、友達が遊びに来てくれた時に不用意にポストを開けて取り出してしまったり、郵送物を机の上に置きっぱなしにしておくとバレてしまうことになります。
郵送物が一切ないモビットなどを利用するか、自動契約機を利用すると郵送物でバレてしまうことがなくなります。また、このような郵送物の管理はきちんとしておく事が大切です。

 

その他の郵送物

申込書や契約書、ローンカードの郵送時は比較的、バレたくない意識も高いですし、申し込みをして間もないので上手く回避できる部分でもありますが、うっかりミスしてしまうのが利用明細書です。多くの金融会社は申込時に利用明細書の郵送の有無を聞いてくれるのですが、こちらから申し込みしないと勝手に送られてくることもあるのでよく確認しておくと良いポイントです。

 

ローンカードを見られてしまう

作ったローンカードは大抵お財布に入れておくことが多いですが、見られやすかったり、落安ところに入れていると意外なところでバレてしまう時があるので、自分しか財布は見ないと思わないで財布の一番わかりにくいところに隠しておくと良いです。

まとめ

バレるかバレないかは、自分次第な部分があります。
とにかく証拠を残さない、手元に置かないことが大切です。ちなみに、一番バレにくい申し込み方法は無人契約機の利用で、普段使わない駅やちょっと自宅から離れた契約機を公式サイトなどで探してて利用すると良いです。出入りするところさえ見られなければ、無人契約機で借り入れまで簡単に完了します。

 

上記で紹介した以外にもバレてしまうポイントはたくさんあります。電話申し込みや質問した時の履歴、申し込み書を書くときに下敷きにしてしまった雑誌等・・・意外なところからバレていくパターンがあるので、ありとあらゆる手立てをして申し込みしましょう。